可愛い輸入ベビー服に夢中ですっ

我が家にはあいにく男の子しかいませんが、先日、めでたく姪っ子が誕生しました。
今まで、男の子の赤ちゃんもとってもかわいいので大満足でしたが、実際女の子の赤ちゃんを見ると、とにかくかわいいっ!

姪っ子のくるっとした目や、一瞬でころころと表情を変える姿、そして生まれたばかりだというのにすでに身に着けている天性の女っぽさ(気のせいでしょうか?)に見るたびに、伯母の私もすっかり虜になっています。
大した用事もないのに、弟夫婦の家に足しげく通っています。
そこで、誕生祝いにベビー服を買ってあげることにしたのですが、初めて女の子用のベビー服を選ぶのため、あまりの可愛さに大興奮でした。
中でも特に気に入ったのは、輸入もののベビー服です。
近所にアメリカのブランドベビー服を直輸入しているお店があり、これまでは、お値段もちょっと高そうだし、とお店に入ったことすらありませんでしたが、今回は女の子のプレゼント用ということで少しのぞいてみました。
すると店内には、大人用の洋服顔負けのデザイン性に優れたベビー服がたくさん!
アンティークなデザインやちょっとシックな生地なども、ベビー用にうまく使用していました。
日本製のベビー服ももちろんかわいかったのですが、日本のものは全体的にピンクや赤が多く、すべてが似通った感じに見える部分もありました。
しかし、そのお店に並んでいるベビー服は、もともとアメリカの個人デザイナーさんが趣味で作り始めて人気になり、やがて量産するようになったものが多く、使用している生地も子供らしさを強調せずにいるところが好感が持てました。
輸入ものということもあり、お値段は確かにやや割高ではありましたが、これまで入店を敬遠していたほどの値段でもなく、普段使いには少しもったいなくても、プレゼントにはぴったりでした。
結局、紙おむつで作った小さなおむつケーキと、エレガントな生地で作ったスカート付きロンパースをプレゼントに購入しました。

もちろん、ベビーの頃は洋服も頻繁に汚しますし、動きやすさや着心地を重視したベビー服選びは重要です。
でもたまには、思いっきり大人びた装いや、ユーモアを交えたベビー服を着せることも。
母親にとっては子育てが楽しくなって良いと思います。
今回のプレゼントも弟夫婦がとても喜んでくれ、私もすっかり上機嫌でした。
これからも、姪っ子のために、親バカならぬ「伯母バカ」になって、可愛いベビー服をいっぱいみつけよう、と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です