ベビー服を選んでいる時の幸せ

初孫が生まれました。
おばあちゃんと呼ばれるのにはまだ抵抗があるけれど孫の顔を見ていると自然にこちらも笑顔になって、孫はいいものだとしみじみ思います。
6か月の女の子で、そろそろおすわりができるようになって愛嬌もでてきて本当に可愛いです。

そんな私の最近の楽しみは、孫娘のベビー服を選ぶことです。
ベビー用品店などずっと縁がなかったのに最近は店をみつければ足を運んでいます。
ショーウインドウに飾られたベビー服を見ているだけでウキウキしてきます。
とにかく自分が子育てしている時とは違って、余裕があります。
どれだけ時間をかけてもいいのですみからすみまでゆっくり見ます。
これは孫に似合うかな、こっちがいいかな。
と選んでいると時間があっという間に経ちます。
店員さんに孫の写真を見せて一緒に選んでもうと、こちらとは視点が違ってよいお買い物ができます。
この前は、寒さも続くので「毛糸の帽子」を買いに出かけました。

赤ちゃんのまるでお人形さんの帽子のような可愛さは見ているだけで楽しいです。
どれかを選ぶというのはとてもむつかしいのでお店の人にアドバイスをもらいました。
赤ちゃんの帽子選びのポイントは「赤ちゃんにとってかぶり心地のよいこと」が最も大事で重たかったり、飾りがつきすぎているものはよくないということでした。
上にボンボンがついているものなどは見ていると可愛いのですが実際に赤ちゃんがかぶると結構重たくて嫌がったりするそうです。
あれこれ悩んで、ピンク色のふわっとした軽い毛糸の帽子を買いました。
そしてさっそく孫の所に持っていきました。
孫は私の顔をみるとニコニコ笑ってくれます。
帽子をかぶせてあげるときゃっきゃとはしゃいでご機嫌です。
気に入ってくれたようで一安心。

お嫁さんも喜んでくれます。
ベビー服を持っていくとその話題であれこれ話も弾むし嫁姑のよい関係をベビー服が取り持ってくれているなと思います。
赤ちゃんはどんどん大きくなるのでどんどんベビー服を買えるのも楽しみ。
春向きのベビー服をまた一揃えしないといけません。
その頃にはよちよち歩きだしているかもしれないから靴も揃えないといけないですね。
日よけの帽子も要りますね。
あれこれ考えると楽しくて仕方ないです。
孫のベビー服を選んでいる時の幸せは格別です。
孫を持つまでこんな楽しみがあるなんて知りませんでした。
人生長く生きないとわからないこともたくさんありますね。
孫が私が買ったものを着てくれるうちはこれを楽しみにしたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です