セシルマクビーについて

セシルマクビーとは、アパレルメーカーの株式会社ジャパンイマジネーションが展開しているファッションブランドのひとつです。
設立は1957年の7月6日で代表者は木村達央さんです。
「セシル」という愛称で多くの人に知られていて、レディースファッションを専門に扱っているため、若い女性から圧倒的な人気を受け、渋谷109ブランドのリーディング的な存在となっています。
ブランドのコンセプトとしては、大人っぽさの中にあるエレガント、カジュアル、グラマラスで女らしさを意識してデザインされています。
流行に敏感な10代後半から20代前半の女性をターゲットにしているが、最近では中学生や高校生の顧客も増えてきています。
傾向としては全体的に細めでタイトなものが多く、俗に「お姉系ブランド」や「ギャル系ブランド」とよばれています。
また、購入商品を入れ持ち帰る用に専用の袋があります。
ブランド名のロゴがあしらわれていて、ショップ袋単体だけでも人気が高いです。
他のメーカーやキャラクターとのコラボレーション商品も多く、菓子メーカーやヘアサロンなどあらゆる企業とのコラボレーションに対して意欲的に取り組んでいます。
具体的なコンセプトとしては、フランス、ブリティッシュなどのテイストをミックスしたヨーロッパの女の子をイメージしたガーリースタイルや、幻想的な世界を表現したカジュアルファッション、60年代のヨーロッパの華やかな映画女優を思わせる計算された露出でメリハリのあるデザインなど主に3つのタイプに分けて展開しています。
有名歌手が好んで着用していたこともあり、あらゆる世代にも知られるようになりました。
販売している商品の中には、洋服だけではなくバッグをはじめ、シューズやアクセサリー、ファッション小物もありそちらも人気商品です。
また、キッズ向けのものやランジェリー、浴衣まで売り出しており、幅広い購買者層をターゲットにしていることがわかります。
人気雑誌への掲載や企画、フェアなども頻繁に行われています。
雑誌で大人気モデルが着用することで、ブランドの更なる人気上昇が期待できます。
さらに、ウェブでの通販も盛んに行われていて、多くの人から会員登録されています。
季節に合わせて新商品を売り出し、ニーズに合わせて展開していくなど、目まぐるしく変わる流行にもしっかり対応している上に、その新商品は新たな流行を生み、まさに流行の最先端をいっているといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です