大阪でも購入しやすいLily Brown人気は

関西でLily Brownを購入しようと思ったら梅田がしやすいです。商品はどの店舗も違いはありませんが、立地環境によってプレゼンの仕方、コーディネイトの仕方が特徴があります。若者客の多いファッション中心のショッピングセンターでは、女子大生でも着こなし出来るような若々しく快活な(アイテムによったら女子高校生でも)着こなしをディスプレイしています。一方、高級百貨店内の店舗では、大人のシックな女性が着こなし可能な組み合わせや、アイテムを前に押し出すコーディネイトをディスプレイしています。もともとコンサヴァティヴからキュートな部分のアイテムが多いので、その組み合わせによって幅広いターゲット層を狙えるようなブランドです。価格的には学生には少し高いですが、手の届かない額ではありません。価格設定も幅広い層に贔屓にされる要因になっています。

ヴィンテージ感漂うLily Brown

最近特に気になってるファッションブランド、Lily Brown。色遣いやデザインなんかは、ヴィンテージっぽいのですが、どこか新しくて、他にはあまりなさそうなデザインなので、個性的だし、その他大勢と被らなそうなところが気になるポイントです。お値段も、割とリーズナブルなのが嬉しくて、素材もよく見えるので、幅広い年齢層で着れるブランドですよ。コーディネイトするなら、全身Lily Brownが絶対オススメで、アーティストとか芸能人が着てそうなスタイルになりそうです。特に、コートとスカートのロングとミニの丈のバランスがいいです。店舗に行くなら、新宿ルミネエストがお店自体も可愛いし、アイテムも揃ってるような気がするのでオススメです。でもオンライン通販もやっているので、ついつい見てるといっぱい欲しくなります。

Lily Brownの服でファッション好きに

幼い頃から二人の兄と共にサッカーをしたり野球をしたりと、とにかく活溌な子供でした。小・中・高とバスケに夢中でそればかりだった自分は、同年代の女の子が興味をもちだすファッションにもあまり興味がありませんでした。ですが、あるブランドに出会いファッションに対する価値観が180度変わり、今では自他ともに認めるお洒落好きになりました。そのブランドはLily Brownです。友人の付き合いでお店につ付いて行ったのですが、一歩店内に入るや否やセンスの良いディスプレイと自分と同じ生き物なのかと本気で思ってしまう位あか抜けた店員さんに衝撃を受けました。その日を境に、自分も女子に生まれたからには存分に女子を楽しみたいと考えるようになりました。Lily Brownのお店で店員さんとお話ししながら服を選ぶ事が今はどんな事よりも楽しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です